FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

© パソコンをもっと快適に

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pc999.blog19.fc2.com/tb.php/95-07451331

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ハードディスクの寿命を計算するには

パソコンではWordやExcelなどのドキュメントファイルや、Windowsのシステムファイルなどは、すべて記憶装置であるハードディスクドライブ(以下「ハードディスク」と記載します)に記憶されています。

当然ながらこのハードディスクが壊れてしまえば、今まで保存していたデータが消えてしまうことはもちろん、Windowsさえも起動しなくなってしまいます。

ちなみに壊れたハードディスクからデータを取り出すことはほぼ不可能であり、専門のデータ復旧業者を使う場合でも何十万円、時には何百万円と費用がかかってしまいます。

こうした状況を未然に防ぐためにも、バックアップ(データを他の記憶装置へ退避させること)は必須の作業を言えるでしょう。

ところでハードディスクの寿命はどのくらいかご存知ですか?

一概に何年ということはありませんが、私の場合は最悪の事態を想定して3年程度で使用をやめ、新しいハードディスクに交換するようにしています。

もちろん使用環境によっては3年以上正常に動くこともありますし、3年以下で壊れてしまうこともあります。

ハードディスクは壊れてから交換するのではなく、壊れる前に未然に交換するのがベストな使い方でしょう。

説明が長くなりましたが、今回はハードディスクの故障率を計算してくれるWEBサイトを見つけましたので、ご紹介します。


■ハードディスク故障率推定器

hdd_kosyouritsu.jpg

お使いのハードディスクの状態を選択すると、推定平均故障間隔(MTBF)と推定故障率を計算してくれます。
もちろん数値はあくまでも"推定"ですので、必ずしも正確な数値ではありませんが、参考程度に知ることができます。

ハードディスク故障率推定器こちら


私のまわりにいるハードディスクが壊れ、バックアップを取っていなかった人たちが共通して必ず言うことがあります。

それは

「バックアップを取っておけばよかった。」

みなさん、ハードディスクが壊れてからバックアップの重要性に気づかれます。

バックアップは保険と同じです。

こうした事態が起きても慌てないためにも、出来る限りバックアップは取っておきましょう。

 

© パソコンをもっと快適に

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pc999.blog19.fc2.com/tb.php/95-07451331

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

PR

全記事表示リンク

一覧から記事を探す場合はこちらから

全ての記事を表示する

お気に入り登録

※Internet Explorer以外のブラウザをお使いの方はお手数ですがブラウザのメニューよりご登録ください。

プロフィール

lecturer

Author:lecturer
※このサイトはリンクフリーですので、ご自由にどうぞ!
高齢者や障がい者向けにパソコンの講習会をしていました。
もっと多くの人にお役立てできればと思います。

ブログランキング

人気blogRanking
人気ブログランキング(インターネットサービス)
FC2Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング【くつろぐ】

ランキングに参加中です。
あたたかいクリックをお願いします。

楽天からのオススメ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。