FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

© パソコンをもっと快適に

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pc999.blog19.fc2.com/tb.php/70-5466efb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スタンバイ、スリープ、休止状態などの電源オプションを使い分けるには

Windowsには、さまざまな電源オプションがあります。

Windows XPの場合は
・スタンバイ
・休止状態
・シャットダウン

Windows Vistaの場合は
・スリープ
・休止状態
・シャットダウン

と、XPとVistaでは少し異なります。


シャットダウンはよく使われると思いますが、他のメニューの意味や機能をご存知ですか?

今回はシャットダウン以外の電源オプションを解説したいと思います。

それぞれの機能の意味を理解して、使い分けてみましょう。



■Windows XPの電源オプション

○スタンバイ

モニタとハードディスクだけの電源を切断して、省電力モードになります。
完全に電源を切断しているわけではありませんので、停電などが起こると作業内容は失われてしまいます。
起動時間は「休止状態」よりも素早く起動できます。


○休止状態

メモリの内容をハードディスクに保存して、各デバイスの電源をオフにする省電力モードです。
「スタンバイ」よりも消費電力を抑えることができますが、作業の再開は時間がかかります。



■Windows Vistaの電源オプション

○スリープ

開いているドキュメントやプログラムがメモリに保存され、メモリにだけ電力が供給される省電力モードです。
XPの「スタンバイ」と同様に完全に電源が切断されるわけではありませんので、停電など突然の電源切断時は、作業内容が失われます。

○休止状態

XPの「休止状態」と同じく、メモリの内容をハードディスクに保存して、各デバイスの電源をオフにする省電力モードです。
こちらも「スリープ」よりは消費電力を抑えることができますが、作業の再開には時間がかかります。



それぞれの電源オプション機能の違いがお分かりいただけましたでしょうか?

XPとVistaではメニューが変わりましたが、休止状態は同じように存在しています。

電源オプションを使い分けて、作業を効率的に行いましょう。

 

© パソコンをもっと快適に

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pc999.blog19.fc2.com/tb.php/70-5466efb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

PR

全記事表示リンク

一覧から記事を探す場合はこちらから

全ての記事を表示する

お気に入り登録

※Internet Explorer以外のブラウザをお使いの方はお手数ですがブラウザのメニューよりご登録ください。

プロフィール

lecturer

Author:lecturer
※このサイトはリンクフリーですので、ご自由にどうぞ!
高齢者や障がい者向けにパソコンの講習会をしていました。
もっと多くの人にお役立てできればと思います。

ブログランキング

人気blogRanking
人気ブログランキング(インターネットサービス)
FC2Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング【くつろぐ】

ランキングに参加中です。
あたたかいクリックをお願いします。

楽天からのオススメ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。