Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

© パソコンをもっと快適に

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pc999.blog19.fc2.com/tb.php/100-b18dfc20

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

用紙枚数を指定して簡単に印刷するには(Excel)

Excel(エクセル)を使って印刷をしたいのに、なかなか印刷の設定が難しいと思われる方も多いと思います。

WordやPowerPointのように予め用紙設定がされていますが、Excelだけは用紙設定などを自分で設定する必要がありますので、そのように感じられるのも仕方ありません。

Excelで表を作成して、印刷したい場合に多いのが、用紙1枚におさめたり、用紙2枚に分けて印刷したいなど、何枚の用紙に印刷したいかということではないでしょうか。

実際に作成した表などを印刷してみると、2枚の用紙に印刷されたのはいいが、そのうちの1枚はほとんど余白ばかりだったという経験はありませんか?

今回はそんな方に簡単な用紙枚数を指定して印刷する設定をご紹介します。


■Excelで横×縦の用紙枚数を指定して印刷する方法

※Excelを起動してから、予め何か入力しておいてください。以下の設定を行うには、何か印刷できるものが必要になります。

(1)メニューバーより[ファイル]⇒[印刷プレビュー]とクリックします。

(2)画面が切り替わったら、[設定]ボタンをクリックします。

(3)「ページ設定」画面が開いたら、[ページ]タブを選択し、「拡大縮小印刷」項目内にある[次のページ数にあわせて印刷]項目にチェックを入れます。

excel_maisu_shitei.jpg
※Microsoft Officeのバージョンによっては表記が異なり、「[横]×[縦]ページに印刷」と表記されている場合もあります。

(4)[横]と[縦]の枚数を指定します。
たとえば用紙1枚におさめて印刷したい場合は[横]⇒1、[縦]⇒1にします。用紙2枚に分けたい場合は[横]⇒1、[縦]⇒2という具合に設定します。

(5)最後に[OK]ボタンをクリックし、印刷プレビュー画面の[閉じる]ボタンをクリックし、[Ctrl]+[P]キーなどで実際に印刷すれば完了です。


意図するような印刷はできましたでしょうか?

もう少し細かく設定したい場合には「改ページプレビュー」や「印刷範囲の設定」が必要になりますが、こちらの設定だけでも十分使えますので一度試されてみてはいかがでしょうか。

 

© パソコンをもっと快適に

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://pc999.blog19.fc2.com/tb.php/100-b18dfc20

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

PR

全記事表示リンク

一覧から記事を探す場合はこちらから

全ての記事を表示する

お気に入り登録

※Internet Explorer以外のブラウザをお使いの方はお手数ですがブラウザのメニューよりご登録ください。

プロフィール

lecturer

Author:lecturer
※このサイトはリンクフリーですので、ご自由にどうぞ!
高齢者や障がい者向けにパソコンの講習会をしていました。
もっと多くの人にお役立てできればと思います。

ブログランキング

人気blogRanking
人気ブログランキング(インターネットサービス)
FC2Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング【くつろぐ】

ランキングに参加中です。
あたたかいクリックをお願いします。

楽天からのオススメ商品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。